Find a Center of the Circle

アラフィフ、放送大学に学ぶ。記録と日常。

対話型美術鑑賞は美術鑑賞なのか?

小学生向けの美術鑑賞プログラムのボランティアをすることになったので、対話型鑑賞ファシリテーターの研修を受けています。その基礎研修の個人的まとめ。

  

対話型美術鑑賞(VTS)とは・・・

1980年代にニューヨーク近代美術館」(MoMA)で開発された美術鑑賞の手法の一つ。学芸員やギャラリートークの担当者が、集まったお客さんにむけて、一方的に絵の解説をするのではなく、絵を前にまずじっくり鑑賞してもらってから、その絵の中で何が起きているか(何が描かれているのか、ということではなく)、その絵のどこからそう考えたのか(なぜ、そう思ったのかではなく)、を語ってもらい、その内容を鑑賞者同士、シェアしあって絵の見方を深める鑑賞の仕方です。

 

やってみるとわかりますが、この手法では、絵を見るのに、絵についての知識は不要で、ファシリテーターが問い、鑑賞者は自然に絵の世界を語り、他の鑑賞者の語りを聞くことで、別の視点を学びます。上手なファシリテーターのもとでは、鑑賞者は安心して絵について自分の思ったこと、感じたことを語りたくなり、聞いてもらうことで満足を得られますし、他の鑑賞者も別の価値観を知り、新たな気付きを得て開眼する(発見)という効果があります。この対話型美術鑑賞では、絵の見方や解釈に正解はありませんし、その場で結論は出しません。多様なストーリーや意味が存在するだけで、それでも、あぁこの絵をよく見た、という満足感は得られるという仕掛けになっているのかと思います。知識情報提供型のギャラリートークでも、作品についてより深い理解と満足を与えますが、対話型だと、他の鑑賞者と一緒にこの作品を見たという一体感みたいなものを得られるのか、楽しかったという感想があります。

 

自分がやることになり、美術鑑賞についてアンテナを立てていると、今は、あちらこちらの美術館や画廊で、1つの展覧会で複数回ギャラリートークを開催していて、担当学芸員だったり、専門の研究者だったり、作家だったりがトークしてくれる状況なんだと知りました。また対話型美術鑑賞をやってる館がいくつもあり、有名美術館のギャラリートークのボランティアには応募が殺到して狭き門なんですね・・・それもびっくりしました。それと「美術検定」なるものがある!これにも驚き・・・過去問見ました。えと、わたくし、美術史勉強していましたが、もうすっかり知識は忘れてしまってとても太刀打ちできない。研究者でもない愛好家の方が、こんなマニアックな問題に何も見ないでこたえられるなんて凄いなぁと薄らぼんやり遠い目になりました。

 

 

(25年前とは隔世の感あり。国立博物館や美術館が独立行政法人になり、自助努力をしいられたんだろうか、と思わずにはいられない。昔は博物館・美術館・大学の研究者というと象牙の塔というイメージだった。こんな時代が来るとは・・・生きててよかった)

 

こんな記事もありました。

 

bijutsutecho.com

 

鑑賞プログラムで有償か! 普段、無償でやってるプログラムを有償にして鑑賞者ターゲットを絞ることで、無料プログラムには来ない層を取り込む、興味深い。

 

閑話休題

 

対話型鑑賞は子どもの教育ツール?

VTSは、MoMAの教育担当と心理学者が開発したという事情もあり、子どもの教育ツールの要素が強い、美術作品を利用したアクティブラー二ンングと、基礎研修を受けて感じました。(もちろん、研修でそんなことは一言もいわれてません。私の勝手な考え)

 

博物館教育論 (放送大学教材)

博物館教育論 (放送大学教材)

 

 

放送大学の『博物館教育論(’16)』の「第6章:美術館におけるプログラム」3.ギャラリートーク のなかでこの対話型美術鑑賞(Visual Thinking Strategies:VTS)にも言及がありまして、

 

対話を介して学習者の探求を支援することで,「観察力」や「批判的思考力」を育成し,グループでの相互学習によって「コミュニケーション力」を高めている。こうしたVTSの基本的な理念は,アメリカの多くの美術館で共有されているが,知識・情報を与えないという点については異論もある。探求型の学習において,作品はの理解や解釈を深めるためには,適切な知識や情報も必要と考えるからである。例えば、ニューヨークのグッゲンハイム美術館やブルックリン美術館など複数の美術館で実践されている会話形式のギャラリートークは,(中略)学習のねらいや状況に応じて,必要とされる作品情報や知識も適切なタイミングであたえている(一條彰子・寺島洋子「米国の美術館における鑑賞教育―所蔵作品を活かしたスクールプログラムの調査に基づく一考察」『日本美術教育研究論集』2014 No.47 pp.1-12)

 

とか

 

探求的な学習を促すために,解説者が質問を多用することに対する批判もある。(一條・寺島,2014)

 

とか賛否あるような書かれ方をしています。

 

美術史的な探求や作家の内面に迫るというような作品を見るだけでは確かめようのないことはゴールではないわけです。作品の本質に積極的には迫らないという意味でこれは美術鑑賞なのか?という言われると、うーん、美術史とか芸術学を学んだ人間からすると若干戸惑いを覚えます。大人の美術愛好家の鑑賞欲は満たさないかも。放送大学で「西洋芸術の歴史と理論」や「美学・芸術学研究」を担当する青山昌文先生も、芸術を見るためには、まず、内容を知る、知識が不可欠と論じています。ならば、下知識をもって鑑賞して感想をシェアしあいたいというニーズがあるだろうか。したい人・・・きっといるかな。だとしたらどういうアプローチがあるだろうか。VTSの先の話、ってあるのだろうか。いづれにしても知識レベルが異なるので子ども向けと大人向けは別のものとして分けて考える必要はあります。研修でも、子どもに向けての場であることを強調されていました。

 

ファシリテーターの質問は想定質問なの?

さて、学習を促すために質問を多用するという批判ですが、果たしてファシリテーターは学習を促すために質問してるのでしょうか。想定質問になるかどうかは、ファシリテーターの聴き方、技量によるところが大きいだろうなと思います。どういう場にしたいのか、話を聴く姿勢ができてるかが非常に重要。ファシリテーターが聴きたい答えを引き出すような聴き方は上手くない。鑑賞者が話したいことを受け止めますよという聴き方をしなければならないと思いました。鑑賞者の話が充分に聴けていれば、質問されている感じがなく対話になるんではないかと、漠然とですが思います。というのも、対話型鑑賞で行われるのは、心理学でいう「確認型応答」で、まず、話者の話を受け止め、あなたの言ったのはこういうことでしたね、とパラフレーズ(確認)してから次の質問なり、可能であれば言葉にならなかったことも言葉にして具体的にしていく手法。本音が言いやすい雰囲気で、確認しながら進むので誤解やミスが少なくなり、相手からも好感が持たれる可能性が高くなる効果あります。それに対して普段の会話は「反応型応答」というタイプの対話で、相手の話を聞いて、自分はこう思う、とすぐさま返したり、アドバイスめいたことを伝えてしまったりします。これだと、私、そんなこと言ってない・・・とか、あ、理解してもらえてないなと感じることも起こるので、話者は話すことをためらい、言いたいことがいえなくなる、応答者は決めつけ、思い込みで誤解したままになりやすい、互いに不信になりやすいなどのデメリットがあります。反応型の応答でやってしまうと、誘導質問、想定問答になってしまう可能性があり、対話型鑑賞としてはあまり上手くないのでは。効果的な対話型鑑賞の場を作れるかどうかは、ファシリテーターのコミュニケーション力にかかっています。本や資料を読んですぐ実行できるような技術ではなさそうです。

 

学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ: どこからそう思う?

学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ: どこからそう思う?

 

 

研修は、きっとこの本が基本となんだろうなぁと思っていました。でも、実際にやってみないと理解できないだろうと、白紙の状態で研修を受けたかったので、活字中毒の自分には珍しく、この本を手に取るのは控えてました。基礎研修が終わったので、一連の書籍、一度読んでみようかと思っています。

 

 

私の中の自由な美術―鑑賞教育で育む力

私の中の自由な美術―鑑賞教育で育む力

 

 

 

 

 

 

対話型鑑賞に取り上げる作品 

それからVTSでファシリテーターを大いに助けるのが、効果的な対話ができそうな、作品を選ぶということでした。

 

そう、、、、話しやすい作品と話が盛り上がらない作品があり、対話型美術鑑賞の場を成立させやすい作品を選ぶのが肝なのです。この点も、VTSって美術鑑賞なの?と、私をモヤっとさせました。見せるものはファシリテーターが選ぶ。だったら話したい内容を感じ取ってもらいたい内容を滑り込ませることも可能かな、と(そんなにうまくいかないし、する必要もないけど)思うのです。 対話型美術鑑賞で取り上げる作品は、どんな話が出てきても、作品の世界観から離れすぎないような作品で、見て何が描かれているか、いろいろな物語が自然と生まれるような作品を選ぶとよいとされています。場合によっては、1点目は話しやすいもの、2点目は、少し見ることになれてきてるから物語性は低いけど、発見や引っ掛かりが含まれた作品とか組み立てることもあります。ですが、基本的には抽象画、風景画、静物画みたいなのは難しい。宗教画も正解があるので難しい。イラストとか写真も対象がはっきりしすぎて難しいとされています。例えば、講師が例に挙げていたのは、印象派の絵画。日本人は印象派が大好きなんだけど、でもVTSには向かない(からあまり取り上げない)と言ってたのが印象的。対話型では難しいものは別に無理にVTSで鑑賞する必要なんてないけど、どう鑑賞したら理解が進むのか。そもそも理解が必要なのか。探求しつつ、実践しながら、追々発見があるでしょう。

 

 

安野光雅展と「錯覚の科学」

https://www.instagram.com/p/B1m0FIVJM1U/

滑り込みで安野光雅展子どもと行こうと思って日程調整してたけど、折り合わず単独で鑑賞。で、やっぱり子どもと一緒に見たかった…それはそうと、ふしぎなえ、久しぶりに見ててショックだったのは、子どもの頃初めて見たとき、立体のようで立体じゃない、脳が騙されるワクワクした感動を1ミリも感じられなかったこと。子どものとき、騙し絵、あんなに好きだったのに!#安野光雅展 #ふしぎなえ #絵本 #平塚美術館

 

www.artagenda.j

 

 安野光雅の『ふしぎなえ』や『さかさま』は、立体のように見えて途中でねじれて別の立体になる面白さがある。子どもの時、それが大好きで、ねじれたところを何度反復して覗き込んだ思い出がある。

 

今年の3月、安野氏の『かんがえる子ども (福音館の単行本)』を読んだときのこと。

挿入された絵を見たとき、絵の中のねじれた部分を立体としてとらえられなかったのか、子どもの時おもしろいと思った感じが全く感じられなかった。本のテーマは子育てとか子どもの成長で別の話なのでそのままになっていたのだが、その後の本展。原画を見ても、やはり、立体感が迫ってこない。

 

あぁ、これもしかして、視覚が老化してるのかも・・・

(高齢者の運転で視覚認知が問題になってるのってこれか?)という気もしてきた。

だんだん老眼も進んでるし、視覚って老化するのか!

 

SNSで、子どもの頃感じたワクワク感がなかった!ってつぶやいたら、美術館の中の人から、絵本から得るワクワクした体験と、美術館で(絵本とは違った形で展示として)見る体験の違いなんだろうか・・・美術館の限界を感じるというようなコメントがあったので、なるほど。そういう問題もあるかもなと、思いつつも、4歳や5歳の子どものワクワク感と50にもなろうとする大人のワクワク感は、天と地ほどの差があり、なんとなく、そこは種がわかっててみる手品がツマンナイのと同じような、エッシャーのような超絶細かいだまし絵なども見慣れてしまってて、昔ほどの感動がなくなってるのではと思っている。

 

それでというわけじゃないけど、放大の『錯覚の科学』気になってたんだよね~、美術鑑賞にも関係あるし。どうも2020年リニューアルっぽい。リニューアルしてから受講かな。

 

 

2019年度2学期 履修計画

今期は美術館ボランティアの研修と保育士試験の勉強があるので、科目履修はスローダウン。新規履修は控えるつもりだったのだけど試験の時間割の都合で、「博物館経営論」を新規に履修申請。前期取りこぼした「博物館教育論」「日本語リテラシー」の空き時間を少しでも埋めるため。

 

入学した勢いで一気に5科目登録したが、勉強するのってそれなりに時間を作らないと消化していかないんだという当たり前のことに気づかされた1学期。「博物館教育論」「博物館展示論」「日本語リテラシー」が残ってしまった。どの授業も面白そうで教育系はどれもこれも受講したい欲でいっぱいなのだが、現状、欲張ったところで1~2科目が限度っぽい。だいたい勝手もわかったし、今期は取り残した3科目+1で学習予定。

 

2学期始まるのは10月だし、保育士試験の勉強をそれまでにできるだけ進める予定。

 

f:id:sasorizano:20190817151147j:plain

平塚美術館(地元の小学生向けに対話型鑑賞の出前授業をしている)


 

 

 

 

 

幼稚園教諭免許、とれるかも?(幼保特例制度2025年3月まで延長)

保育士試験の勉強を始めました。

 

2学期の履修科目を検討している最中、放送大学のホームページを見ていると

幼保特例制度が2025年3月まで延長されるというお知らせを発見。

 

www.ouj.ac.jp

 

保育士資格保持者が、認定こども園保育所等で保育士として3年以上 かつ 4320時間以上勤務して、大学で所定の科目8単位以上取得すれば、幼稚園教諭の免許を取得できるという制度。認定こども園制度ができて、そこに勤める先生は両方の資格を持っていなければならないという法律になっているため、どちらか片方しかもっていない先生のために設けられた制度でして、幼免しか持っていない先生の場合は、保育士試験のうち免除科目があり、残りの試験に合格すれば、資格がとれます。2020年3月までの特例措置でしたが、2025年3月まで延長されました。

 

(保育教諭・・・足りないんだろうなぁ・・・)

 

以前のブログでも書きましたが、実は大学でとりたいを思っていたのが小学校か幼稚園教諭の免許。教育の勉強をしてみたかったんです。ですが、これからわが子の教育費がガンガンかかるのに、通信制大学であっても時間的にも費用的にも厳しいものがあり断念していました。その点、放送大学は、各学期ごとなので、懐具合で受講科目も決められて優しいです。単位取る必要なければ、1科目だけ受講して学籍確保しておけば、他の放送授業は視聴し放題。印刷教材はAmazonでも買えるし、センターでも買える。単位が欲しくなったら、授業料払って試験を受ければよし(試験を受けに行くの結構面倒なのよ(*´Д`*))。ブログ巡りをしていると、放送大学って色んな使われた方をしてるんだなぁと感心します。再入学再入学を重ねて全コース卒業した人とか、科目群履修制度全プラン制覇を目標にしてる人とか。放送大学に籍をおいて10年とかいう人が放送授業にアシスタント的に登場していたり。授業も面白いし、興味の続く限りずっと在籍していたい、そういう中毒っぽいところがあります、放送大学

 

実際、私も、この1学期、博物館プランに沿って受講科目は決めて放送授業を視聴してましたが、実は、他の教育系の科目も放送授業をつまみ視聴していました。(履修してた科目は全部見終わらなかったwww)そして、今回、保育士試験に挑戦しようとテキストを読み始めたら、授業で聞いてた内容も多くて頭に入りやすかった!大学の講義や研究の観点と資格試験は別物と理解はしてますが、体系的に教育、心理学、制度を理解するうえで大いに役立つし、ただ資格の勉強するより面白い。私がチャレンジするのが2020年前期試験なので先は結構長い。今期は博物館プランはスローダウンして教育系講義の視聴が中心になる予定。

 

 

 

【人間と文化】博物館概論(エキスパート・博物館プラン)

「博物館概論(’19)」は、「(’11)」に代わって、リニューアル。

単位認定試験にあたっては、(’11)の過去問を参照しましたが、これまで印刷教材、ノートの持込可だったのが、今講座から持込不可に・・・( ノД`)シクシク…

問題の傾向は、それほど変わってなかったので、放送授業を一通り視聴、印刷教材を読んでおけば平均点並みにはできたと思います。

 

放送大学の「博物館学」主任講師は文化人類学が専門の稲村哲也先生です。講義の中心も、民族博物館関連が多い。美術系で勉強してきた自分にはなじみのないことばかりで、最初こそなじめなかったが、教育論の大高先生や保存修復畑の本田先生、東博の井上先生、民博の吉田先生が講義をかわるがわる担当、地方博物館の学芸員の話が要所要所で挟まり、見続けるうちには、博物館って結構面白いじゃん、子どもと行ってみたーい、くらいには興味をもちました。この後、受講する各論が楽しみです。

 

さて、「博物館概論」は学芸員資格を取るのに必修な科目です。ただし、放送大学では資格はとれません。放送大学では、、、大卒で、資格取得に必要な単位を取り逃した人向けに各種講義を開講していますよ、という位置づけ。必修の博物館実習は、開講していないので実習させてくれる大学を自力で探さないといけません。放送大学の学生なら受け入れますよ、という大学を放送大学でも案内していますが、定員は少ないそうですし、場合によっては受講可能な大学が遠方なので、この資格を一から勉強する人には放送大学は難しいです。公務員とかで、美術館博物館に配属されて、必要に迫られて取得するとか、そういうニーズがあるのですかね。

 

ちなみに、放送大学の科目群履修認証制度(エキスパート)・芸術系博物館プランの認証を得るのには、学芸員資格に必要な科目を全部勉強する必要はありません。個人的には学芸員資格取得に必要な「生涯学習を考える」という科目に興味があるのですが、芸術系~プランには含まれていません。受講を迷うところです。歴史系博物館プランでは含まれているので受けておいてみていいかな。それとは別に、「著作権法」(学芸員資格には不要科目)がエキスパートでは必修。なんでなんだろう・・・単位認定試験で教材と六法持込可、となっていてどれだけ難しいのか・・・びびってます。

 

【人間と文化】西洋芸術の歴史と理論

f:id:sasorizano:20190601171959j:image

今回の受講した『西洋芸術の歴史と理論』は、タイトルが「西洋美術の歴史」じゃないところがポイント。

 

作品の背景にある哲学をベースに、古代から現代まで各時代の美術作品を解説する。通史を追いながら、

 

「芸術」とは何か。

 

を考える。壮大なテーマなようだけど、担当の青山昌文先生の答えは簡潔(多分)。

 

「物事の本質をミーメーシス(模倣、再現)したもの」

 

どの時代の作品も、一貫してこの答えに帰結させているのは見事でした。わかり易過ぎるよ。自己の内面、オリジナルを表現することが芸術、鑑賞する側も自由に受け取れば良いとする近代以降の芸術論を最初から疑い、現代芸術まで論じた上でバッサリ否定。作品を前に、早口で愛情たっぷり、半ば興奮気味に作品を語る先生の御説には納得させられました。全部プラトンアリストテレスで語れる先生、スゴイ。そんなもん? 若干疑ってはいるのだけど、他に知識もなく、どこを掘ればいいのか、それは追々考えるとして。学生時代、美学、わかんないわぁと思いながら受けた授業(美学概論の成績は可だったよ!)、今ならもっとよく理解できたかもなぁ。

 

今期、一番楽しく熱心に視聴した講義でした。

 

(写真は、アリストテレス詩学といえばウンベルト・エーコの『薔薇の名前』、今なら面白さが増すかも、と思って引っ張り出して来たところ)

 

ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』 2018年9月 (100分 de 名著)

ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』 2018年9月 (100分 de 名著)

 

 

薔薇の名前〈上〉

薔薇の名前〈上〉

 

 

薔薇の名前〈下〉

薔薇の名前〈下〉

 

 

2019年度1学期 単位認定試験を終えて

1学期の単位認定試験終わりました。

結果は8月末までわかりませんが、登録した科目のうち、試験は2科目しか受験しませんでした…せめて受験した科目だけでも合格取りたい。。

 

放送授業、結局、全15回視聴出来たのは3科目。通信添削課題は登録した全科目、提出出来てたので試験を受ければ多分、単位取れたかな。でも、受けられなかった。科目登録したときにはスケジュールなんてよく考えもしなかったのだけど、2科目が夕方にスケジュールされていて、しかも前の科目との空き時間が3〜4時間もある。…家事と仕事の切り回しを考えたら受験意欲が低下して、正直やる気無くしました。

 

試験のスケジュールまでよくよく考えて科目登録すればよかった。。。

 

試験当日のこともちゃんとシミュレーションしておくべし。私の場合、自宅〜試験会場まで1時間半、往復3時間かかるので、16時45分スタートの7限の試験は、甘いことを言うようだけれど自分の生活スタイルにはフィットしませんでした。何をするとしても選べるならば負担なくやれる環境は大事。

 

それに1日に複数科目予定していた場合の空き時間対策も結局思いつかなかった。

 

1限空きくらいなら学習センターで印刷教材読みながら、次を待つこともしたかもしれないのですが、冒頭にも書いたように昼休みを挟む3限空きだと4時間半くらい空くのです。そこまで試験勉強することもないし、近かったら一回帰宅して出直すよ!ってくらいヒマ。映画見て時間潰すかと検索したけど、見たい作品なくて。(見たかったら、普通は別途見に行く予定立てるし)

 

なんだかんだ言っても言い訳です。見送った科目は2学期で単位取得を目指します。(見送った科目、2学期は朝イチでスケジュールされていたのでヨカッタ、大学のしおりには「不測の事態もあるので安易に見送るな」とクギが刺してありました^^;)

 

今回、上手く消化できなくて思ったのは、資格を取ってキャリアアップするとか絶対不可欠な目的がないと、社会人の学びは本当に継続が困難だということ。何が何でもと切羽詰まったものがあれば、試験のスケジュールが、とか言ってられないので何かを犠牲にしてでも第一優先でやるだろう、けれどそれだって続けるのは大変なことだ。社会人になって資格取れる人とか通信教育とかやりきれる人ってそれだけでスゴイ。

 

でもまぁツウシンキョウイクって孤独だよね…博物館概論なんてなんの役に立つのかと思うような科目を取ってる人が、全国に何百人?もいて(私もだけど)、だけど知り合いなんて一人もいない、と試験を受けててしんみりしました。

 

卒業する目的のある人はスクーリングが必須なので知り合い、仲間もできるんでしょう。というより、知り合いの一人でも出来ないとつまらないだろうなぁ。